プロテインスキマーなど海水魚用器具の開発秘話や使用方法を公開していきます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

水換え

忙しく放置状態だったブログの更新です。

今回は海水換え後のプロテインスキマー性能についてです。

こちらも少々放置気味の水槽です。(もちろん水かえ前)

IMG_9878.jpg

いきなりですが、海水を交換後のすいそうです。
海水を交換すると、どうしても交換後は白く淀みますよね。
サンゴからも粘膜が出たり砂からも汚れが舞い上がったりが原因だと思います。

IMG_9883.jpg

こちらも放置状態だったプロテインスキマーSPS-60です。
シリンダー内部も汚れでひどい事になっています。
当社のスキマーは汚れを汚水カップに溜めるのではなく、シリンダー内部にゴミのみを付着させる方式を取っています。
そのことにより本当に不要な汚れのみを除去することができます。

IMG_9885.jpg

本当はシリンダーをすべて分解清掃してやりたいのですが、時間がなかったので汚水カップ部のみはずし第1、2シリンダー部は雑巾でふき取り清掃のみです。

IMG_9886.jpg

ベケットヘッドを分解してみるとやはりゴミがつまっていました。

IMG_9888.jpg

水洗いでゴミを取り除き組み立てです。
ベケットヘッドは時々掃除をしてください、泡を作り出すエンジン部なのでゴミが詰まれば性能ダウンになります。
(ネジ4本ですぐ分解できます)

IMG_9890.jpg

スキマーを組み上げポンプの電源ONです。
電源ON直後(2、3秒後)の画像ですが、みるみる泡が立ち上がってきます。

4枚連続の画像です。

IMG_9893.jpg

IMG_9894.jpg

IMG_9895.jpg

IMG_9902.jpg

スキマーの電源を入れて30分後の水槽です。
だいぶ白いにごりも減ってきています。(スキマーが無ければたぶんま1~2日は白くにごったままです)

IMG_9904.jpg

5時間後の画像です。
にごりも無くなり綺麗になりました。

IMG_9906.jpg
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。