プロテインスキマーなど海水魚用器具の開発秘話や使用方法を公開していきます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新型セカンド ステージ PHバージョン

新型セカンド ステージ PHバージョンを近日中に発売します。

商品名
2ND-300PH
希望小売価格 
14,700円(税込)

セカンドステージ 上部カップにPHセンサー取付口を装備したモデルになります。
(PHセンサー外形10mmに対応)

もちろん従来モデル2ND-300(12,600円)も従来通り販売していきます。


画像の商品は試作品です。
IMG_7099.jpg



スポンサーサイト

SPS-30

プロテインスキマーSPSシリーズもメチャ売れています。
低価格で本格的スキマーをコンセプトに商品開発をしたモデルです。
1つ1つアクリル部品を削り出し組みつけていくのですが
SPSシリーズは部品点数が多く大変ですが
使っていただいたお客様は性能、仕上がりの良さに満足していただいています。


画像は2台ともSPS-30です。
IMG_7098.jpg

プロテインスキマー清掃

忙しいを口実に放置していたSPS-60です。

シリンダーは全面汚れがこびり付きシリンダー内も見えない状態です!
よく見ると水位が低すぎです。
本当は2週間に1回は分解清掃してあげた方がいいです。(分解清掃平均所要時間 30分以内)

こんな場合はベケットヘッドにゴミが詰まっている場合がほとんどです。

IMG_7057.jpg

ベケットヘッド分解です。

+ネジ4本で簡単に外れます。

IMG_7059.jpg

やっぱりたくさんゴミが詰まっていました。
蟹さんまで!バラバラになっていました。

IMG_7066.jpg

もちろんシリンダーも清掃です。
ワンタッチで簡単にはずれます。

IMG_7067.jpg

超汚いシリンダー部。
ですが、ツルツルの高級キャストアクリルパイプを使用しているので
こんなに汚れていても簡単に汚れが落ちます。

IMG_7070.jpg

IMG_7073.jpg

きれいに洗浄組み付け後ポンプの電源を入れます。
ポンプ電源を入れた直後です。IMG_7080.jpg

3分後ぐらいにはこんな感じです。
本当に泡の立ち上がりはメチャ早いです。
ポンプの電源を入れて見る見る泡が上がっていきます。(自社製品ながら圧巻です)

ちなみに使用ポンプは2007年から使っているRIO3100水中ポンプです。(スキマーはSPS-60)


IMG_7089.jpg

実験水槽

本当に忙しいショウエイです。
最近は水族館大学からも問い合わせや納品があり大忙しです。(うれしい限りです)

実験水槽を新たに立ち上げました。
場所は自宅の玄関先です。(会社の目の前なのでよく調子も見に行けますので)

コンセプトは自然光です。
今回はライブロックを使用せず「日干しサンゴ」からライブロック化していくところも実験の一つです。
(と言うことで水槽内の石は全て白です)

IMG_7016.jpg

プロテインスキマーは最近発売決定になったSPS-40の試作モデルです。
希望小売価格 54,800円(税込)いつでも出荷OKです。

IMG_7018.jpg

カルシウムリアクターはSCA-3002ND-300を取り付けています。

IMG_7019.jpg

今回プロテインスキマーは間欠運転にしています。
気が向いた時(2日間で5時間ぐらい)にポンプのコンセントを入れています。

当社スキマーは泡の立ち上がりが非常に早いのが特徴で、この画像はポンプ電源を入れて1分後ぐらいの状態です。
固い泡が汚れと一緒にモコモコです。

IMG_7023.jpg

実験の中間結果です。

通常のメタハラ水槽で緑色をしていたミドリイシが2週間の自然光でこんな色になりました。

IMG_7036.jpg

こちらが枝分けした兄弟ミドリイシでずっとメタハラの下で飼育している物です。
上のミドリイシも2週間前は同じ色でした。

IMG_7038.jpg

メタハラ水槽に戻し、色の比較をしたものです。
色が大幅に変わったのでまた同じメタハラ水槽に戻し色の変化を見て見ます。

IMG_7040.jpg

取扱説明書

新型カルシウムリアクターの発売でメチャ忙しいショウエイです。

今回は取扱説明書の話です。
(商品本体ではありませんが、非常に重要な商品です)

商品開発と同じぐらい重点を置いている書類で、お客様が商品購入後まずは取扱説明書から見てもらい
商品を装置に組みなおしてもらうために必要な書類です。

IMG_6977.jpg

内容はもちろん誰が見ても分かる内容でなければならないので、初期原稿(手書きのラフ)から始まり
次にMacで製作していきます。

文字や画像の配置などに非常に拘り何度も試作を作って完成させています。
ある意味、商品本体より気を使っているかも?

取扱説明書も商品の一部なので、こちらの仕上がりも楽しみに見てみてください。

IMG_6976.jpg

新製品 カルシウムリアクターSCP-150

カルシウムリアクターの新製品が発売されます。

品名 SCP-150

サイズ 高さ230mm奥行80mm幅150mm

対応水量150L

適合ポンプ マキシジェットMJ250別売

定価 19800円(税込)

特徴 
1、バルブカウンターはパイプを軸に回転させることができます。
2、上部カップはネジ式でメディア交換の際に工具を必要としません。
3、超低価格です。
4、超コンパクト設計。
5、CO2はシリンダー下部に溜まらない設計。


SCP-150 1

テスト水槽にて回していましたが、
メディアが減ってきたのでメディア交換作業です。
IMG_6887.jpg

メディア交換にはまったく工具を使用しないので
作業も超早いです。

交換時の写真を撮り忘れたので、メディアを補充し上部キャップを閉める前の画像です。

IMG_6889.jpg

セカンドステージにもメディアを入れ、後は水槽に配管して終了です。

IMG_6890.jpg

で、水槽に設置してCO2の量を合わせて終了です。
セカンドステージも販売予定ですが、
価格や販売時期はまだ決まっていませんが興味のある方は直接メールください。
garage@shoei.gr.jp

IMG_6891.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。