プロテインスキマーなど海水魚用器具の開発秘話や使用方法を公開していきます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は沢山の方々にお世話になりました。

今年も更なる新製品を開発していきますのでよろしくお願いします。



カルシウムリアクターSCA-300&2ND-300を規格水槽でハングオンスタイルで使用実験しているものです。
(ハングオンステーは照明にあたるので使用していませんが、設置場所としてはハングオンステー取付時と同じ位置になります)

メディアはカリブシーの小粒を使用です。
ハングオンで使用するときはリアクターの内圧などを考えると小粒はお勧めです。
セカンドステージも小粒です。

オーバーフローで給水をメインタンクからとり生産水(排出)をサンプにする時は
リアクター本体を大粒
セカンドステージが小粒がお勧めです。


IMG_6098.jpg
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。