プロテインスキマーなど海水魚用器具の開発秘話や使用方法を公開していきます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

再始動30分後

再始動30分後、スキマーヘッドの上部カップを外しシリンダー内を見た画像です。

すでに泡はモリモリ立ち上がっています。


再始動後30分
スポンサーサイト

掃除2週間目の掃除

早いものでスキマーを前回掃除して2週間が経ちました。

今回は掃除に掛かる時間を測ってみました。


分解、清掃、組み立てまでで掛かった時間は10分ぐらいです。

写真を撮らずやればもっと早くできると思いますよ。



作業手順を載せていきましょうか!
いつものようにスキマーヘッドを外しスキマーヘッド

持ち上げる時ドレンホースを指でフタすると汚水がまけないのでいいですよ。
スキマーヘッドを持ち上げる


外したスキマーヘッドを外で洗います。
シリンダー内部の汚れ
フタにもベットリ汚れが付着しています。
汚水カップのフタにも汚れがべっとり

シリンダー内部のよごれです。
シリンダー内部の汚れ

汚れを指で擦ってみました、ヘドロのようにシリンダー内部に付着しています
シリンダー内部の汚れ

スキマーヘッドも洗って綺麗になりました。
シリンダーもピカピカ


ポンプONでこの状態です。
ポンプON

アップで見てみるともうすでに泡が立ってきてます。
ポンプON後10秒ぐらいでこんな感じです。ポンプON10秒後





 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。