プロテインスキマーなど海水魚用器具の開発秘話や使用方法を公開していきます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

掃除2時間後

掃除2時間後のスキマーヘッドです。

もう少し乾いた泡にしたい方はベケットヘッドのエアバルブを絞ればOKです。





IMG_3046.jpg
スポンサーサイト

プロテインスキマー掃除

ショウエイ プロテインスキマーSPS-50の掃除です。

スキマーヘッドもだいぶ汚れています。

掃除前


近くで見ると汚れカスが沢山ついているのがよく分ります。

近くで見ると



スキマーヘッドを回しながら上に持ち上げると簡単にスキマーヘッドが外れます。

スキマーヘッドを持ち上げる
IMG_3032.jpg


スキマーヘッド内部やフタの裏にもべっとり乾いたダストが付着しています。

汚水カップのアップです


シリンダー内を指で擦るとすごいヘドロが取れています。

指にもヘドロがべったり

本体側も汚れているのでこちらは濡れたタオルで汚れをふき取ります。

IMG_3037.jpg
IMG_3038.jpg


スキマーヘッドも綺麗に清掃してピカピカです。

スキマーヘッドもピカピカ

IMG_3040.jpg

組みあがったのでポンプのコンセントを差込みポンプONです。

ベケットヘッドのエア調整は掃除する前の状態でそのままパワーONです。
なんとパワーON5分後にはこの状態です。

再起動5分後



Genre : ペット 海水魚
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。